退職代行サービスは弁護士へ(弁護士小澤亜季子)

退職代行サービスを実施している弁護士のブログです。https://taisyoku-daikou.com

弁護士小澤亜季子 プロフィール

小澤 亜季子 Akiko Ozawa

 

資格・登録

弁護士

社会保険労務士

 

所属

弁護士会

東京弁護士会

東京都社会保険労務士会


経歴

2008年3月 早稲田大学法学部卒業(3年次に卒業後、法科大学院へ進学)

2011年3月 早稲田大学大学院法務研究科修了

2012年12月 最高裁判所司法研修所修了

2012年12月 東京弁護士会弁護士登録、センチュリー法律事務所入所

2018年5月 社会保険労務士登録

2018年6月 経営革新等支援機関認定

 

ご挨拶

弁護士の小澤亜季子と申します。

依頼者の皆様の不安を少しでも取り除けるように、お気持ちに寄り添い傾聴すること、

なるべく早く具体的な解決策を提案すること、

そのための費用がいくらかかるのかを明確にすることを心がけております。

依頼者の皆様のために、最後まで粘り強く、ベストを尽くして戦い抜きます。

1人で悩まずに、ぜひ、お気軽にご相談ください!

 

弁護士による退職代行サービスはこちら

taisyoku-daikou.com

 

書籍(共著)

『ガイドブック民事保全の実務』(創耕舎、2014)

『遺産分割実務マニュアル 第3版』(ぎょうせい、2016)

『証拠収集実務マニュアル 第3版』(ぎょうせい、2017)

 

執筆コラム等

 下記ページをご参照ください。

執筆コラム一覧

 

メディア掲載情報

2019.5.14:東京新聞(朝刊)にて紹介されました。「『退職代行』に依頼殺到 こじれる事例も『弁護士に頼んで』」

 

2019.3.2:朝日新聞夕刊にて紹介されました。「『会社辞めます』言えなくて・・・退職代行頼るわけ」

 

2019.3.1:小澤弁護士が、朝日新聞デジタル版にて紹介されました。『「辞めます」が言えなくて 退職代行、頼む人たちの事情』

 

2019.2.22:小澤弁護士が、J-wave NEWSにて紹介されました。『退職代行サービスは、「弁護士」と「民間企業」で行えることに違いが! 注意点は?』

 

2019.2.18〜21:小澤弁護士が、J-wave『JAM The World』の『KODANSHA CASE FILE』に出演しました。
・2/18「退職代行サービスとは、どんなものか?」
・2/19「退職代行サービスについて」
・2/20「退職代行サービス、どんな人が利用するのか?」
・2/21「退職代行サービス、今後どうなるのか?」

 

2019.1.25:小澤弁護士が、日経産業新聞にて紹介されました。「価格は語る 退職代行、3万円から 保育・介護で利用目立つ」

 

2019.1.17:日本経済新聞社より取材を受け、紹介されました。「仕事辞めます」に3万円、退職代行サービス広がる」

 

2018.12.9:TBSラジオ安住紳一郎の日曜天国」の「さばいてにちてん」というコーナーで、取材を受け紹介されました。

 

2018.11.28:NHKクローズアップ現代プラスの取材を受け紹介されました。「なぜ広がる?「退職代行」サービス」

 

2018.10.2:東京FMのSkyrocket Companyの取材を受け、「スカロケニュース調査部」で紹介されました。

 

2018.9.26:NHK NEWS WEBにて取材を受け、紹介されました。「会社からの非常口 用意します」

 

セミナー

各クライアント企業において、労務コンプライアンス研修、法改正研修(マイナンバー法、女性活躍推進法、男女雇用機会均等法)の講師を経験。

詳細はこちら

 

 

退職代行サービスは弁護士へ!

taisyoku-daikou.com